第5回トールペイントカーニバルin横浜

「東京トールペイントコレクション展2013」
 アナタがえらぶ トールペイント大賞・トールペイント協賛各社賞

「東京トールペイントコレクション展2013」  アナタがえらぶ トールペイント大賞・トールペイント協賛各社賞が決定しました。

東京トールペイントコレクション展2013に多くの皆様がご来場いただきまして、誠にありがとうございました。
今回は"アナタが選ぶ トールペイント大賞"と題して、「暮らしを彩るペイントライフ」をテーマに、2013年度全国で行われたトールペイントコンテストの受賞者や著名作家の約100点以上の作品を日本橋 三越本店 に展示し、ご来場いただきましたご来場総数約1万人以上の方に投票いただいた、多くの方が選んだ作品を素敵なメッセージを添えてご紹介いたします。
また、トールペイント協賛社様より多大なるご協力をいただきまして今回選ばれた作家様にはより活躍できる場所を提供できるように東京トールペイントコレクション展実行委員会及びアンジュが応援いたします。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

土橋まゆみ
「早春束ね熨斗」 (そうしゅんたばねのし)

 

<作品にかけた想い>
凛とした寒さの中から春に向かう喜びを描き
枠周りは着物の正絹裏地の端切れを貼り重厚感を出しました
古典柄の熨斗模様を使い、古そうで、新しいを感じで頂けたら幸いです

ABCクラフト賞

photo

隅井 すみ子
「あ・・・雪だ。」

 

<作品にかけた想い>
今回「ABCクラフト賞」を頂き、有難うございました。
私はもちろん、周りの人達も喜んでくれてとても幸せ気分です。
今回の作品はジェネシスとアクリル絵の具で描いています。
違う質感にすることで立体感を出しています。
もっとジェネシス絵の具を追及し、これからのトールペイントライフ
を楽しくしたいと思います。

アンジュ賞

photo

さいとう ひとみ
「Life Living」


<作品にかけた想い>
この度はアンジュ賞に選んで頂き嬉しく思います。テーマ 暮らしを彩るペイントライフとは・・・
日々の暮らしと当てはめデザインを考えました。お料理、洗濯、掃除と日々の生活の中で一番楽しい絵を描く時間が私の暮らしを彩ります 
作者--- さいとう ひとみの基盤になっています。

セトコ賞

photo

大高吟子
「しあわせのレシピ」

 

<作品にかけた想い>
”描いて使って楽しめるペインティング” この壁掛けフレームも、使える物にしたいと思い、差し替えできる小さなフレームを貼付けました。ここでは、写真を入れていますが、キッチン等ではショッピングメモやレシピ等を上から簡単に差し入れることができ、お家の中のどこに置いても便利に使えるようにしました。幸せな暖かな気持ちになれるように、アクリルで、ホウロウのポット、ケトル、マグカップとやわらかな色のお花をふんわりと描きました。

サン-ケイ賞

photo

村上めぐみ
「いつもそばに…」

 

<作品にかけた想い>
この度は、この様な賞を頂きとても嬉しくまた感謝しております。
昨年愛犬が亡くなり、動揺からなかなか抜け出せず、描くことから遠ざかっていた所に出展の機会を頂き、筆を持つなら愛犬への思いを込めた作品を描きたい伝えたいと描いた作品が、Sun-Kさんの目に止めて頂けた事は、本当~に有難い事で、大きなご褒美に感謝の気持ち一杯です。色々な思いを一歩乗り越えて、愛犬の為にも自分の為にも前を向いて進めそうです。
心よりお礼申し上げます。ありがとうございました!!!

日本ヴォーグ社賞

photo

槇 裕子
「キューピーからの贈り物」

 

<作品にかけた想い>
この度は思いもかけず、日本ヴォーグ社賞を頂きまして光栄です。
「暮らしを彩る」がテーマで、丁度クリスマスシーズンの展示でしたので、楽しいクリスマスシーンを描きたいと思いました。
素材が窓の形に見えてきましたので、窓辺を飾るクリスマスを大好きなキューピーの図案で表現して見ました。こうやって素材と絵の組み合わせを考えるのが、とても楽しいです。皆様にも楽しんで頂ける絵が描ける様、これからも努力していきたいと思います。ありがとうございました。

日本デコラティブペインティング大賞

photo

武井 まゆみ
「I Love Painting」

 

<作品にかけた想い>
大好きなトールペイントは、私の生活の一部になっています。
常に頭の中では、いろんなデザインが飛び交っています。
描きたい!って思うデザインが浮かんだ時、すぐに筆を持って
描ける『幸せ♡喜び』の気持ちを、春のイメージに合わせて
大好きアイテムいっぱいで表現してみました。
とてもお気に入りの作品に仕上がり、日本デコラティブペインティング協会賞と言う素敵な賞をいただき、とても嬉しいです。

 どうもありがとうございました。

ホルベイン賞

photo

安藤 眞美
「ルビー色の花束」

 

<作品にかけた想い>
ルビー色に彩られたバラの花束…
華やかにして清らかなシンフォニー
ときめきと、優しさが溢れ出る…
旬な命が奏でるバラ達のハーモニーを大切にしながら描きました。
感謝する大切な人に届けたい…
そんな想いの中で描きました。

ジュリアン賞

photo

深山 喜代美

 

<作品にかけた想い>
ジュリアン賞、ありがとうございます。コンテストであることに気付かず出展し、思いがけず賞を頂き驚きました。大変感謝申し上げます。30代からバラを描き始め、その時々の想いをバラに表現してきました。時と共に好みや生活スタイルも変化し、描くバラも、そのスタイルに合ったものになりました。
現在の私の好みである「モダンでシックなスタイル」に調和する作品を、部屋に飾るなら…と、色やデザインを考え制作しました。
出来上がってみると、60才を目前にした今の自分を見るような感覚が生じ、正直、ずいぶん好みが変わったことを認識しました。(笑) これから描く、未来のバラが楽しみになりました。

カントリークラフト賞

photo

長谷川 初美

 

<作品にかけた想い>
ウインターコレクションという事で、クリスマスをイメージして描きました。普段あまり使わない赤が絵の半分以上を占めて、同系色の使い分けに悩みながら仕上げていった作品です。今回出展させて頂く機会を与えて下さっただけでも嬉しく思っておりましたが、この作品を気に留めて下さる方がみえて賞を頂けた事は、本当に有難く、感謝しております。これを励みに、またトールペイントを楽しみながら続けて行きたいと思っております。

ブティック社賞

photo

湯浅 まゆみ
「Christmas Wishes」

 

<作品にかけた想い>
この時期、いつも楽しみにしていたはずのクリスマスですが、大人になってからは忙しさに翻弄されて、楽しみを満喫する暇もなくあっという間に過ぎ去ってしまいます。
せめて絵だけは思い切り楽しく夢見てと思いながら描いた作品で、少しでも伝われば幸いです。
最後に、ご選考頂いたブティック社様に御礼申し上げます。ありがとうございました。

大阪サンセイ賞

photo

鋤柄 淑恵
「Painting Bear」

 

<作品にかけた想い>
私にとって1年中がペインティングライフ。特にクリスマス作品を描くときは心が弾みます。そんな気持ちをオーナメントを描くテディベアに込めました。多くのご来場者の皆様に作品を見ていただけたことに感謝申し上げます。
「大阪サンセイ賞」受賞は、思いがけず大変光栄に存じます。素晴らしいクリスマスプレゼント、ありがとうございました。

アシーナ賞

photo

奥崎 ちづる
「約 束」

 

<作品にかけた想い>
この度はこのような機会を与えて頂きありがとうございます。また、アシーナ賞を頂きとても嬉しく感激しています。
この作品はクリスマスの楽しい時間を思い浮かべながら、好きな雑貨などを並べて描きました。それぞれの質感が描きだせたらいいなと思いました。
これからも楽しく描いていきます