第5回トールペイントカーニバルin横浜

「ホビーフェスティバル 2014」 大丸心斎橋店
 アナタがえらぶ トールペイント大賞!

「ホビーフェスティバル2014」  アナタがえらぶ トールペイント大賞が決定しました。

多くの皆様がご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

 

ご当地で活躍されるトールペイント作家がそれぞれの感性のままに“四季折々”を表現いたしました。暖かくも優しい作品の中でご来場いただきました皆様がご参加いただき、作品に投票をいただき、よりトールペイントが生活を彩るアートとして、愛好家の方々にはさらに楽しんでいただき、トールペイント未経験者には、筆を持つ楽しさや創ることの楽しさを知っていただければ幸いです。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

田中 益美 Masumi tanaka
「四季のブーケ」
デザイン参考:出口むつみ

 

<作品にかけた想い>
今回のテーマ(四季折々)をお聞きした時、出口先生の描く自然の香りがするような四季のお花は何かな?!と考えて、春の桜、夏の紫陽花、秋のどんぐり、冬のコットンが浮かびました。
どれも大好きなモチーフばかりで、楽しんで描くことが出来ました。
これからも皆さんに「癒される」と言っていただけるような、温かい作品を描き続けたいな…と思います。本当にありがとうございました。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

古石 みつ子 Mitsuko Koishi
「 春  」

 

<作品にかけた想い>
四季折々のテーマの中、暖かな日差しに心も和む春を描きました。
ベースは桜の美しい色合いにワンストロークペインティングのダイナミックな筆使いで、大好きなバラと小花周囲はツルバラをコラボで初々しい純白のレース布を使用し、蝶が舞う中、春うらら、楽しく出会いの季節、無心で描き楽しいひと時でした。
ワンストロークは1970年代初めアメリカのドナーデューベリー氏によって生み出された美しいスピーディに描ける一筆書き技法です。
イベントとの出会い、選んで頂いた皆様に感謝します。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

畑佐 直子  Naoko Hatasa
「妖精たちの四季」
デザイン参考: くまがいなおみ

 

<作品にかけた想い>
今回のテーマは『四季折々』でした。
テーマを伺った時 すぐに思い浮かべたのが くまがい先生著作本の『エンジョイトールペイント』四季のプレートでした。
図案や色もアレンジさせて頂き、春夏秋冬のそれぞれのプレートを1枚のフレームに収める構図に悩み、、、
搬入の前夜 ギリギリまで描き込んで やっと出来上がりました。
多くの方々に見て頂ける機会を下さいました事に感謝しています。
本当にありがとうございました。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

林 敬子  Keiko Hayashi
「 ヘザー・レディック ジョスト アレンジ 」
デザイン参考: ヘザー・レディック

 

<作品にかけた想い>
この度、ホビーフェスティバルに参加させていただき、ありがとうございます。今回は、ヘザー・レディック先生の作品を古川孝子先生のご指導のもとで描くことができお花の表情を一本の筆の動きで表現できる喜びを感じる事が出来ました。私自身グリーンのバックグラウンドにお花を描くことが好きで 今回の作品は楽しく描いた作品です。

作品に投票して下さいました方々に御礼を述べさせていただき、ご指導して下さいました古川孝子先生に感謝しております。ありがとうございました。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

森本 牧子  Makiko Morimoto
「四季折々の花」

 

<作品にかけた想い>
日本の四季折々の花を描いてみました。種類も多く、始めて描くものもあり、デザインをまとめるのに苦心しました。
学び始めて10年。ストロークをいれるごとに、あざやかな花が咲いていくジョストボの世界にますます魅了されています。
投票してくださった皆様、そしていつもご指導いただいている古川先生に感謝いたします。ありがとうございました。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

吉見 光代  Mitsuyo Yoshimi
「Les Moments agreables(レ・モモン・アグレアーブル)
心地よいひと時」

 

<作品にかけた想い>
ある日雑貨屋さんで気持ちよさそうに眠りについた天使に一目ぼれしました。
早速すぐに家へつれて帰りました。実は双子でもうひとり反対向きの子もいるのです。いつかこの子達を描きたいと思っていたところ、その機会を与えて下さり本当にありがとうございました。

描いている途中、だんだんと表情が平たんになり、人生悟ったお釈迦様風になり違った作風になりそうで困りました。修正でリラックスしているようになりほっとひと安心です。ブーケは細かいところ、立体感、リアルな影など、何度も手を加えました。無事に間に合わせて仕上がり嬉しく思います。

 

極上の素敵な香りとブーケで

この天使のようにリラックスできますように♥

そんな願いを込めて。


アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

大和田 教子  Noriko Owada
「夏の思い出」

 

<作品にかけた想い>
この絵に綴られている文字は、「誰のために咲いたの?
それはあなたのためよ」というフランス語です。
この夏に届いた ひまわり のポストカード・・・
素敵な便りだったのかもと、思いを巡らせながら楽しく描き
ました。夏の香りを漂わせる私の大好きな作品に投票してく
ださって、本当にありがとうございました。
これからも楽しく作品を描き続けていきたいと思います。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

山口 安喜子  Akiko Yamaguchi
「Eternity Rose」
デザイン参考: ボリス・グラフォフ

 

<作品にかけた想い>
選んで頂きありがとうございます。

オリジナルでとの思いもありましたが、大好きなボリス・グラフォフ氏の作品をお伝えしたくて私なりに表現してみました。

相反する上品さと躍動感を意識して描きました。


アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

松井 京子  Kyoko Matsui
「キャラメル色の季節」

 

<作品にかけた想い>
トールペイント大賞では皆様に投票いただき、ありがとうございました。
少しずつ寒くなって、キャラメル色の飲み物が恋しくなる季節、秋バラと秋の実物をオイルで描きました。背景やフレームは少しシャビーに仕上げました。
カラスウリやナンキンハゼは地味でエレガントでもないけれど、秋ならではの実です。こっくりとした秋をこの作品で感じていただければ幸いです。


アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

中條 千鶴  Chizuru Nakajyou
「パンジーの花言葉」

 

<作品にかけた想い>
ホビーフェスティバルでは楽しく過ごさせていただきありがとうございました。
私はペイントの合間に花やハーブを育てています。
今年の春には色とりどりのパンジーが咲きそろいました。
その愛らしい姿をいつか描きたいと思っていたところ、ホビーフェスティバルの展示テーマが「四季折々」と知り、春をイメージしてパンジーの妖精を描き、花言葉をフランス語で添えました。
いつもよりちょっぴり大人の女の子です。たくさんのお客様に見ていただけて光栄です。