第5回トールペイントカーニバルin横浜

「トールペイントカーニバルin名古屋」 
 アナタがえらぶ トールペイントカーニバル大賞!

「トールペイントカーニバルin名古屋」  アナタがえらぶ トールペイント大賞が決定しました。

多くの皆様がご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

 

ご当地で活躍されるトールペイント作家がそれぞれの感性のままに“繊細な美”を表現いたしました。暖かくも優しい作品の中でご来場いただきました皆様がご参加いただき、作品に投票をいただき、よりトールペイントが生活を彩るアートとして、愛好家の方々にはさらに楽しんでいただき、トールペイント未経験者には、筆を持つ楽しさや創ることの楽しさを知っていただければ幸いです。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

梅村美貴子 -Mikiko Umemura-
「スノー・フェアリー」

 

<作品にかけた想い>
雪の妖精と呼ばれるシマエナガ。

以前から、愛くるしい小さなこの小鳥を描きたくて、ポインセチアやクリスマスローズと一緒にクリスマスカードにしました。短い冬の日が落ちると、森の中にたたずむ家にもクリスマスツリーにも明かりが灯ります。森の小さな妖精は、粉雪の降りかかる枝や木の実を揺らしながらまだ遊んでいるようです。クリスマスを迎える頃、静かな冬の夕闇です。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

浅田祥子 -Shoko Asada-
「楽しいハロウィン」

 

<作品にかけた想い>
私にとって初めての出展でとまどいましたが、かわいい絵が好きでかわいい作品を描きました。この作品にご投票いただきました皆様、大変ありがとうございました。


アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

伊藤りょう子 -Ryoko Ito-
「可憐なる少女」

 

<作品にかけた想い>
私は 以前からお花に囲まれた少女を 描きたいと 思っていました。

作品を出すにあたり、吉川あつ子先生のご指導のもとオイルで描く薔薇、抜き弁で作る花を作品に取り入れる事が出来ました。少女の表情がより華やかになり私のお気に入りの作品になりました。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

厚見佳代 -Kayo Atsumi-
「 三日月に想いをよせて 」

 

<作品にかけた想い>
この度は私の作品に投票していただき本当にありがとうございました。

繊細なイメージとして思いついたのが“月”でした。くまがい先生の数ある作品の中で私のイメージにぴったりだと思いこの作品を選ばせていただきました。くまがい先生と教室の仲間にアドバイスをもらいとてもステキな作品になりました。

私の作品に目をとめていただき、ただただ感謝しています。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

安藤 眞美 -Mami Ando-
「清 雅」

 

<作品にかけた想い>
夏の季節を彩る花々が醸し出す清らかで華やかな雰囲気が、

とても優雅に感じられました。その想いを大切に描きました。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

倉田美穂 -Miho Kurata-
「SecretGarden」

 

<作品にかけた想い>
街路樹の緑が鮮やかになり、木漏れ日が輝く初夏。

爽やかな、この季節、家のレンガのこみちを抜け、秘密の花園で花かごを手に微笑むエンジェルちゃん。吉川先生の女の子をベースに、繊細なレースや布の染め花をコラージュすることで、さらに全体をふんわりやわらかく包み込み、イメージ通りの作品に仕上がりました。お部屋に飾っていても、今にも話しかけてきそうなエンジェルちゃんに、私もつい微笑んでしまい、幸せな気持ちになります。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

佐藤典子 -Noriko Sato-
「爽やかな風とともに」

 

<作品にかけた想い>
ブルーからブルーバイオレットへのグラデーションで、薄いシフォンを重ねるように優しくふんわりと薔薇のリースを描きました。真ん中の風景は、以前訪れたことがあり、いつか絵にしてみたいと思っていた「ノイシュヴァンシュタイン城」です。 周りを白い繊細なレースで飾って、爽やかな風を感じられる作品にしてみました。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

若尾智子 -satoko Wakao-
「Summer Bouquet」

 

<作品にかけた想い>
夏の暑い日々。目をやると、ほっと一息つけるような、また、ちょっと元気が、湧いてくるような作品をという思いから、大好きなオレンジ色のバラと、葡萄でアレンジしたブーケを描いてみました。

この度、投票下さいました皆様、心より感謝申し上げます。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

名倉千夏 -Chika Nakura-
「天使の祝福を・・・」

 

<作品にかけた想い>
今回のテーマである「繊細な美」とは何かを考えたとき、それは母親の愛情であると思いました。

生まれ来るわが子に、天使の祝福がふりそそぎ、健やかで、 希望に満ちた未来がおとずれるよう、そんな祈りを込めて描きました。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

根本美幸 -Miyukl Nemoto-
「ヨーロッパの思い出」

 

<作品にかけた想い>
ヨーロッパを思わせるアンティークな雰囲気を出そうと思い、バックグラウンドに楽譜のペーパーナフキンをしわがよるように張りました。でこぼこした上にガラスやレースの繊細な感じを描くのは少々描きづらかったですが、アンバランスな感じが結構気に入っています。

ヨーロッパで過ごした日々を、ワインを飲みながら思い出にふける日を大切にしたいと思っています。皆様多数のご投票ありがとうございました。