第5回トールペイントカーニバルin横浜

「東京トールペイントコレクション展2017」 
アナタがえらぶ トールペイント大賞!

「東京トールペイントコレクション展2017」  アナタがえらぶ トールペイント大賞が決定しました。

全国各地より多くの皆様がご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

 

ご当地で活躍されるトールペイント作家がそれぞれの感性のままに“花~Flower~”を表現いたしました。

本展では、ご協賛各社様ご協力いただき、協賛社賞と来場者の投票で決定したグランプリを発表いたします。
素敵な作品の数々をご鑑賞いただき、トールペイントが生活を彩るアートとして、愛好家の方々にはさらに楽しんでいただき、未経験者にも、筆を持つ楽しさや創ることの楽しさを知っていただければ幸いです。

【グランプリ】 ブティック社賞

佐々木 恵美
「 花の灯篭(とうろう) 」

 

<作品にかけた想い>
最高の賞をいただき、投票して下さった皆さまと主催者の方々に心からお礼申し上げます。作品は「好きな花を集めて作った光輝く妖精の住処(すみか)」をイメージして描いたものです。
会場では、描くことに憧れながら踏み出せずにいるという声も多く聞きました。トランスファーシールを作ったのは、そんな今まで見るだけだった方とも、描く楽しさを分かち合いたいから。
今回の受賞を励みに、これからも自分の絵を描き続けていきたいと思います。

日本ホビー協会賞

安藤 眞美
「 グリーン色のブーケ 」

 

<作品にかけた想い>
淡いクリーミィな白色からグリーン色の花々をブーケにしてみました。
柔らかな色彩が醸し出すピュアな世界観・・・

瑞々しい花の輝きの中に、優しい光を感じました。
花達から溢れて出る神聖なエネルギー・・・
自然界が創り出す『美』に、感謝の気持ちが込み上げてきました。
エレガントさの中に、モダンさを加えて表現してみました。


日本デコラティブペインティング協会賞

佐藤 典子
「 薔薇の香りをあなたへ 」

 

<作品にかけた想い>
この度は「JDPA賞」という素晴らしい賞を頂きありがとうございました。「FLOWER~花~」というテーマから、薔薇のブーケに薔薇の香りのエッセ
ンスが詰まった香水瓶を添えてデザインしました。

また、「真珠を美しく描きたい」という私の昨年からの目標に合わせて、真珠のネックレスも加えてみました。
薔薇の香りをお届けすることができたでしょうか?


公益財団法人 日本手芸普及協会賞

ミホ ミヤケ
「 さり気なく、でも力強く ~庭の花々~ 」

 

<作品にかけた想い>
今回のテーマ『花』と伺った時、まず浮かんだのは、長きにわたる米国での生活で良く目にした、華やかで明るき色使いや、豪華で大きな花々のイメージでしたが、ふと窓の外に見えた庭の花々が、寒い中健気に咲き、身をつけ、近づいてみると生命力に溢れ美しく輝いている事に気付きました。

この感動を日本らしい色と和紙を使ったウォーターバティック、米国のMUDを使った技術と合わせて、表現させていただきました

ABCクラフト賞

北村 真理子
「 片山智桂子2018カレンダーを楽しむ 」

 

<作品にかけた想い>
カレンダーのデザインを描くとき、あれもこれも描きたいと欲張った為に出来上がった作品です。
そしてそれをミニチュアにすることで、より可愛らしさが表現出来たらと思いました。

アシーナ賞

大塚 ゆみ
「 Fairy Tale 」

 

<作品にかけた想い>
この作品のタイトル【Fairy Tale】は、【おとぎ話】という意味の私のトールペイント教室名です。いつか私だけのおとぎ話をトールペイントで表現したいと21年前に名付けたものでした。今回出展のお話をいただきまして、ぜひこの機会にチャレンジしてみようと思いました。
色彩、構図ともにこんなに頭を悩ましたことはありませんでしたが良い結果をいただきましてとても嬉しく思います。ありがとうございました。
この作品をPart1として今後も【おとぎ話】の世界を広げていけたらと思います。

アンジュ賞

小川 すずえ
「 サンタさんへ 」

 

<作品にかけた想い>
この賞がある事を知らずに驚きました。ありがとうございました。
最近、孫との触れ合いが多く12月にはサンタさんのお話でもちきりになります。冬の街角でサンタさんにプレゼントのお願いのお手紙を出してる様子をズームして アートトリックの用にして全体のバランスを取りポイントにしました。
お花がテーマだったので景色のフレームをシルクスクリーンのアレンジで施し自宅の薔薇を添えての苦戦でした。今思うと ポインセチアがよかったですね。孫たちは クリスマスにサンタさんからお願いしたプレゼントが届いて大喜びだったようです。作品を観る度に孫のこの時期を想い出すと思います。

ヴォーグ学園賞

大山 明美
「 お庭の贈り物 」

 

<作品にかけた想い>
バラを育てるようになってたくさんの楽しみとインスピレーションを貰っています。まだまだ憧れのローズガーデンには程遠いけれど、いつかアトリエの壁面いっぱいにつるバラが咲き誇り、訪れてくださる皆さんの目と心の癒しになってくれますようにとの想いをカードに託して、大好きなピエール・ドゥ・ロンサールのブーケと共に描きました。フレームの厚みを生かすにはと苦心しましたが、レースを貼ってクラフト感を出してみました。

日本ヴォーグ社賞

波部 智子
「 かくれんぼ 」

 

<作品にかけた想い>
賞をいただけたことは思いがけず、とても嬉しく感謝しております。
以前から、なにか「しかけ」のある作品を描きたいと思っていました。見ていて何かを見つける楽しさを表現できないかと図案をつくるのに苦労しました。バラの中にかくれている「うちの子」を見つけていただけたら嬉しく思います。

カントリークラフト賞

中村 尚子
「 Smile&Bear 」

 

<作品にかけた想い>
思いがけずカントリークラフト賞を頂き驚きました。
シャビー・アンティーク・大人カラー・だけど可愛いベアそしてすみれ・・・・
すみれのジャムを作ろうと花を楽しそうに摘んでいるナナベアを描こう。
イメージがわいて、後は一気に描き上げました。いつも気付くと物語を考えているように思います。
お気に入りの作品になりました。皆様ありがとうございました。

サン-ケイ賞

橋本 広恵
「 ~花~ ローズマリング 」

 

<作品にかけた想い>
ヨーロッパの古城で、可愛いレディのお部屋に飾られ続けている花の絵・・・をイメージして描きました。クラシカルな中にもローズマリングの持つ上品さや可愛いらしさを感じてもらえると嬉しいです。
また、この作品で素敵な賞をいただき感激しています。これからも大好きなローズマリングを描き続けていきたいと思います。ありがとうございました。

ジュリアン賞

武井 まゆみ
「 わたしの・・・メリークリスマス 」

 

<作品にかけた想い>
このイベントがクリスマスの時期だったので、クリスマス作品を描こう!とデザインを考えていた時、キラキラ輝くクリスマスツリーが描きたい!と思いました。
何も考えず、描きたい様に、ただ思うがままに筆を進めました。
あとでコンテストと気づき、会場で自分の作品にジュリアン賞の札が貼ってあるのを見て、とても嬉しかったです。
これからも描きたい物を思うがままに描いて楽しみたいと思います。どうもありがとうございました。

セトコ賞

長尾 まり子
「 クリスマスの贈り物 」

 

<作品にかけた想い>
クリスマスは一年の中でも特に心がはずむ季節です。
サンタさんがプレゼントを運んできてくれると信じていた幼少期からずっと
わたしの心の中では今もクリスマスの夢やあこがれが残っています。
この絵を見てくださった方、誰もがクリスマスをわくわくした気持ちで
迎えられる、そんな夢とあこがれを込めて表現してみました。