第5回トールペイントカーニバルin横浜

「第9回 トールペイントカーニバルin名古屋」 
 アナタがえらぶ トールペイントカーニバル大賞!

「第9回 トールペイントカーニバルin名古屋」  アナタがえらぶ トールペイント大賞が決定しました。

多くの皆様がご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

 

ご当地で活躍されるトールペイント作家がそれぞれの感性のままに“フラワーライフ”を表現いたしました。
本展を通じて、素敵な作品の数々をご鑑賞いただき、トールペイントが生活を彩るアートとして、愛好家の方々にはさらに楽しんでいただき、未経験者にも、筆を持つ楽しさや創ることの楽しさを知っていただければ幸いです。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

長谷川 廣 -Hiroshi Hasegawa-
「 山の遊歩道 」

 

<作品にかけた想い>
これは知り合いの方に頂いた写真を見て、何か魅かれるものがあり描いた作品です。やや暗い空間の中に光が差し込む様を、その場にいたらどんな気持ち・感じ方を想像しながら思い描きました。光の向こうには何があるのか、想像しながら描く楽しさをこれからもやっていきたいと思います。

投票して頂いた方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

安藤 眞美 -Mami Ando-
「 オレンジ色の花のある風景 」

 

<作品にかけた想い>
小さな白い陶器の花器にオレンジ色のケイトウと薔薇を飾りました。
深く艶やかなオレンジ色に心魅かれました。
敢えてシックな仕上がりにして、オレンジ色のケイトウの花が持つモダンさと、粋な雰囲気を醸し出せる様に、構成してみました。


アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

熊田 雅子 -Masako Kumada-
「 薔薇のブーケ 」

 

<作品にかけた想い>
太陽の日差しを浴び、みずみずしい薔薇の甘い香りが、漂ってくるような作品に、仕上げたいと思いました。皆様の心に届けられたでしょうか。
私の作品を、選んで下さった皆様、ありがとうございました。
また、描く励みになりました。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

梅村 美貴子 -Mikiko Umemura-
「 花飾りのお散歩 」

 

<作品にかけた想い>
仲良しのアヒルの親子のお散歩は、花の首飾りを作りながらのよちよち歩き、みちくさばかりで目的の池にいつになったら着くのやら・・・
「フラワーライフ」というテーマを頂いた時に、そんな風景が浮かびました。
子供が幼いころ四葉のクローバーを探し、時間を忘れてしろつめ草の花冠を作ったことを思い出しながら楽しく描きました。
フレームには、画面に揃えてシルクスクリーンのボタニカルシルエットをあしらいました。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

根本 美幸 -Miyuki Nemoto-
「 秋の七草 」

 

<作品にかけた想い>
今回はいつもと違う感じにしようと思い、秋の花を描きたいな、和風がいいかなぁ?と、考えた時、〈秋の七草は花で楽しむ〉ということを聞き、決定。
春の七草は葉っぱや、根っこをおかゆにして食べたりするのでなんとなく浮かびます。さて、秋の七草って何でしょう?ススキ?調査開始〈ハギ、キキョウ、クズ、フジバカマ、オミナエシ、オバナ(ススキ)、ナデシコ〉ワクワクしながら、自分の中でわかり易く創作して、和室にも飾れるように、出来上がりました。

投票していただいた皆様、ありがとうございました。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

長谷川 初美 -Hatsumi Hasegawa-
「 小さな花園 」

 

<作品にかけた想い>
今年も5月中旬から家の薔薇も咲き始め、その匂いに包まれる時期は、私の中では小さなフェスティバルかもしれません。ですから、自分なりに薔薇を描ける事がとても嬉しいですし、少しずつでもそんな時間を作って行けたらと思います。
今回、この様な機会を与えて下さった皆様、本当に有難うございました。

 

デザイン参考: 内田明美

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

橋本 久美子 -Kumiko Hashimoto-
「 Like oneself 」

 

<作品にかけた想い>
私にとって、トールペイントはかけがえのないものになっています。初夏に見た アジサイに癒されて、大好きなバラと一緒に優しい気持ちになれる様に描いてみました。
今回、ご投票頂いた皆様とご指導くださいました 内田明美先生には心より感謝致します。 ありがとうございました。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

藤澤 美香 -Mika Fujisawa-
「Fiore fantastico 」

 

<作品にかけた想い>
出展にあたり海と船を描きたいとイメージしました。
テーマが《フラワーライフ》と聞き一瞬諦めかけた作品です。
波を花に見立てることにより、私の大好きなピーターパンの世界を楽しく描くことができました。私の頭の中をのぞき込んで形へと導いてくださったくまがいなおみ先生に感謝でいっぱいです。
また、投票していただいた皆様、ありがとうございました。


デザイン参考: くまがいなおみ

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

佐藤 典子 -Noriko Sato-
「 薔薇の香りに包まれて 」

 

<作品にかけた想い>
私が大好きな薔薇の「ピエール・ドゥ・ロンサール」
花言葉は、「愛を誓います」
心に残った結婚式で、花嫁が手にしていた素敵なブーケからデザインしました。 彼女のご実家はイチゴ農家、ブーケにイチゴも添えて、オイルペイントで描きました。ブーケに包まれているのは、二人のlittle house。こちらはアクリルペイントで。
「フラワーライフ」、花に囲まれた明るく幸せな家庭を築いていってほしいと、願いを込めて描きました。

アナタが選ぶトールペイント大賞

photo

杉江 絵美 -Emi Sugie-
「 薔薇のギャザリング 」

 

<作品にかけた想い>
今回は、テーマが「フラワーライフ」でした。

大好きなバラをメインにデザインを考えました。
合わせるアイテムはヴァーベナとヘリクリサムにしました。両方とも我が家玄関の寄せ植えの中でお客様を迎えています。ヴァーベナの花弁はハー形をしています。そのかわいい姿とヘリクリサムの質感を表現したいと思ました。平原綾香のジュピターの歌詞の一部「迷った時は心の声を聞いて」という英文の一節を添えました。